2010年7月 のアーカイブ

主催

2010年7月30日 金曜日

明日から2日間にわたりYURIKOサッカースタジアム初の主催で大会が行われます。
2010「第1回YURIKO CAP 8人制少年大会」という名のもと7月31日U‐10、8月1日U-11と、それぞれ5チームによるリーグ戦方式で行います。

今から心配なのが天気。せっかくの大会なので快晴の中試合をしてもらいたいと切に願うばかりです。そして大会の準備にご尽力をいただきました「SSSスポーツクラブ」の渡部さん、なにからなにまでお世話になりました。2日間よろしくお願いします!

空気

2010年7月25日 日曜日

YURIKOサッカースタジアムの周辺は山々に囲まれ、自然がいっぱいに広がっています。
ピッチ内に入ると鳥のさえずり、虫の鳴き声が響き渡り心地よい気分にしてくれます。
なにより都心独特の重い空気と違い、ここの空気は軽くてとても爽やか。まるで森林浴をしているかのようです。

すがすがしい空気の中にいると人間が持つ本来の力が高まるといわれています。
その影響かな?
ここにいると管理人は身も心も、本当に癒されます。

挨拶

2010年7月24日 土曜日

「おはようございます!」「よろしくお願いします!」

チームバスから降りるなり、メチャクチャ元気な声が聞こえてきました。
昨日からの雨も止み、朝一番から爽快な気分になりました。

YURIKOサッカースタジアムは、様々なチームから利用いただいております。なかには、当スタジアム内ですれ違っても挨拶のできない少年もいます。
試合に勝った負けたは大切ですが、挨拶できる、できない方がもっと大切だと感じております。
たかが挨拶ですが、これも親や指導者の教育の違いなんでしょうか。
いやいや、少年たちより挨拶できない大人の方が多いかも知れません(笑)

ピッチを後にするときも「ありがとうございました」と、いつまでもバスから手を振ってくれました。こんなすばらしい少年たちからn使用いただきYURIKOサッカースタジアムは幸せです。
北広島スポーツクラブの少年たちの元気で無邪気な姿から、昭和の匂いが感じられ嬉しくなりました。

今日は3チームが使用します。

全市

2010年7月18日 日曜日

昨日トイレで何気なく7月13日の夕刊を開いたら、中体連の結果が目にはいりました。
早速、サッカーの地区予選結果を確認したところ、私が3年間コーチをしていた篠路西中学校が全市大会に進むことになりました(新聞の誤植でなければ)。
この中学校、北区ではそこそこ強かったものの、いつもあい中に敗れ全市大会に一歩及ばない年が続きました。

サッカー部初の全市大会進出。
優勝目指して頑張れ!、そして全道、全国大会へ進んで欲しい。
やったぜ、篠路西中イレブン!

結果

2010年7月12日 月曜日

7 月11日にYURIKOサッカースタジアムで開催された「南区本部長杯Uー10」の結果です。

優勝  藻南FC
準優勝 札幌澄川JFC
3位   札幌常盤
3位   藤野FC

以上の結果となりました。

また、当番チームの札幌常盤サッカー少年団の指導者、ご父兄の皆さまお疲れ様でした。円滑な大会運営は見事でした。
また、他のチームの指導者、観戦に来ていただきました皆様方、有難うございました。芝生の管理上、ピッチ内への椅子の持ち込みを禁止した上、ピッチ内での飲食も控えていただきましたが、誰1人としてルールーを破ることなく観戦していただきましたことを心から感謝いたします。失礼ながら、観戦マナーの良さに驚かされました。

「あっぱれ!」です。

出張

2010年7月11日 日曜日

今日は南区本部長杯U-10が行われております。
YURIKOサッカースタジアム始まって以来の賑わいです。
各チーム、選手、指導者、ご父兄の方々が一体となり熱戦を繰り広げておりました。

管理人は急遽、退席させていただきました。これから東京へ出張です。
大会の詳細は後日お伝えいたしますが、当番チームの札幌常盤サッカー少年団の指導者、ご父兄にの皆様お世話になります。

じゃあ、選手たちの頑張りに負けないよう、蒸し暑い東京で仕事をしてきます。

補給

2010年7月10日 土曜日

3基あるトイレは簡易式水洗なので、タンクに定期的に水を補給しなければなりません。気温が高いときのあの臭いは結構きつくて、決死の覚悟が必要なんです。今日は気温が低いし、
そろそろ水を補給しなければ、子ども達が放すものも流れなくなるかと思いタンクのふたを開けてみました。するとどうでしょう、タンクの中に水が目いっぱい入っているじゃありませんか、3基ともに。たぶん、YURIKOサッカースタジアムを利用しているチームが、好意で水を補給してくれたと思います。有り難い、ありがたい・・・です。

YURIKOサッカースタジアムは皆さんの協力をいただいて運営できていることを、あらためて実感しました。

小雨の中、札幌常盤サッカー少年団とサッポロボーイズが午後から練習試合をしています。

大会

2010年7月9日 金曜日

7月11日にYURIKOサッカースタジアム初の大会「札幌南区本部長杯U-10」が開催されます。南区の7チームが総当たりで、熱戦を繰り広げる予定です。いつも当グランドを利用いただいてます2チームも戦うので、楽しみです。

管理人も数年前まで、北区のある少年団でコーチを10年間していましたが、本部長杯U-10という大会は初めて耳にしました。8人制の本格的な大会なんでしょうか…。

ワールドカップも盛り上がっています。
決勝のオランダVSスペイン。
2-2延長PK戦(5-4)と予想します。ビジャがPKを外しオランダの優勝です。
どうでしょうか?

未来

2010年7月8日 木曜日


7月4日の日曜日、写真をごらんの通り、未来のサッカー選手を目指す幼児たちがサッカーを楽しんでいました。まだまだボールに遊ばれている感じでしたが、ボールフィーリングをこの年代で体に染み込ませたらメチャクチャ上達しますね。それにしても、めんちゃこい幼児ばかりで、見ている管理人も久しぶりに癒された感じです。

札幌常盤少団の下部組織のキッズということでしたが、この年代から育成し、強化しているとは恐れ入りました。きっと、常勝チームを目指しているのでしょう、頑張ってください。
<
YURIKOサッカースタジアムは小学生、幼児にグランドを開放しております。みなさん、どんどんご利用ください。未来の日本代表選手やJリーガーがこのYURIKOサッカースタジアムから誕生することを、心待ちにしていますから。

常盤キッズの皆さん、また愛くるしい顔を見せてください。管理人は待っているからね。

感謝。

2010年7月6日 火曜日

はじめまして。YURIKOサッカースタジアムの管理人です。

なんやかんやで、ブログを書くのが遅くなりました、気がつくと今シーズンのオープンから2ヶ月ちょっと過ぎてしまいました。でもこの期間、何チームも当サッカー場を利用してくれまして、心から感謝しております。

こうしてブログを書いている間にも、クラブハウス傍の当グランドでロビーニョ、カカの名前を叫びながら楽しそうにサッカーボールを蹴っている少年達。今回のワールドカップを機にこんなサッカー少年がもっと増えることを願うばかりです。

さて、オープンから2ヶ月余りの感想です。

当グランドの利用の条件として、試合、練習終了後はトイレ(3基)掃除をしていただくことになっておりますが、そうは言って子供たちにやらせず、監督、コーチたちが掃除をするのでは、というのが当初の予想でした。

しかし、どうでしょう。ほとんどのチームの子供たちが、ピッカピッカに掃除してくれているのが現実です。それも結構楽しそうにトイレ掃除をしてくれています。本当にうれしい光景で、特にサッポロボーイズ(写真)の選手たちのトイレ掃除は完璧です。

きっと次に使用するチームへの配慮と、物を大切に使おう!という子供なりの感謝の気持ちが、こうした行動にあらわれていると思われます。「最近の子供は、どうもね」などと嘆く大人がおりますが、現代っ子もすてたもんじゃありません。

また、敷地内にゴミ箱を置いておりませんので、自分たちのゴミは持ち帰っていただくことになっております。こちらも本当にきれいに利用していただいております。チリひとつ落ちておりません、皆さんの協力に感謝、感激です・・・。

というのが感想で、これまで利用していただきました各チームの皆様。今後ともYURIKOサッカースタジアムをどうかよろしくお願いいたします。

さて、今回のワールドカップ。ウルグアイ、オランダ、ドイツ、スペインがベスト4になりましたが、個人的にはオランダの優勝を願います。なぜなら、当グランドのネットやポールがオランダカラーのオレンジだからなんです。それにしても、アルゼンチンの惨敗が残念。デイェゴ・マラドーナの派手なパフォーマンスを見られなくなったのが寂しいですね。